高カロリーでも食べたくなるのイメージ画像

高カロリーでも食べたくなる

女性から絶大な支持を得るような今人気のパンケーキといえば、生クリームやフルーツ、チョコレートなどがふんだんに盛り付けられたものでしょう。人が本能的に美味しいと感じる物は、基本的にカロリーが高い傾向があります。パンケーキもその例にもれず、美味しければ美味しいほど、そして人気があればある程カロリーも比例して高くなっていくものです。

世の若い女性達にとってカロリーは天敵です。「美味しい物は大好き!でも太りたくない…」と矛盾した思いを抱える女性達は、食べる量を節制したり糖質制限ダイエットに励んだりと、日々努力を重ねています。そんな中、パンケーキはダイエットや低カロリーという言葉に逆行する贅沢品のはずです。甘くて食欲を誘う香り、たっぷり練り込まれた卵とミルク、主な原材料の小麦粉はダイエットの大敵とも言える炭水化物であり、多少カロリーを抑えたダイエット用などのレシピでも、やはりボリュームやカロリーは高い方です。

しかし、世の女性達は人気店の行列に数時間並んででも絶品パンケーキを食べようとします。トッピングやメニューによっては一日の摂取目安カロリーを軽々と超えてしまう可能性もあるパンケーキですが、それだけ多くの女性達が理性や欲求を押さえきれなくなる程に美味しい、魅力ある食べ物であるとも言えるでしょう。

人が美味しくないと感じるのは、苦みの強い物や極端に酸味だけが際立つような特徴やクセがある物です。薬局でもらう薬は基本的に苦い固形物や粉末ですが、薬を好んで飲みたがる人がいないのは味覚が好ましく感じるものではないからです。オレンジやグレープフルーツのように甘みと酸味が丁度良い加減で合わさっている食べ物はたくさんの人から好まれますが、レモンのように酸味ばかりが感じられるような物はそのままパクパク食べようとする人はなかなかいません。

人の味覚はとても敏感です。嗅覚や視覚から入ってきた情報もまた味覚に影響を及ぼすことになるため、苦みや酸味が少なく、見栄えや香りが良い物であればほとんどの人に受け入れられます。そしてそれらの性質や特徴を備えているのがパンケーキなのです。

人は一度美味しくないと感じた物には二度手を出そうとは思わないものです。逆に、一度美味しいと認識した物は、また何度でも食べたいと思うでしょう。小さな子供の頃に誰もが一度は食べたことがあり、人々から愛される味も見た目もあるからこそ、多くの人がパンケーキに魅力を感じて、人気を支えているのでしょう。